階層別・課題別研修|人事評価制度運用でお困りなら、人材育成のコンサルタント『株式会社Office REVO』にお任せください。

Office REVO

kensyu

組織診断から最適な研修をご提案
実施した研修を「成功だった」と判断できるのは、どのような場合なのでしょう?
受講者が、「面白かった!」という感想を持つことができれば、それは良い研修と言えるのでしょうか。

答えは、「NO」です。
研修が「実施当初の目的」に沿って行われ、受講者一人ひとりが実施側の期待した「成果」を持ち帰ることができなければ、その研修は実施した意味がありません。
もちろん、楽しく学ぶことも必要ではありますが、主催側の意図するもの以外のスキルを持ち帰ってもらっても、組織にとってのプラスにはなり得ないのです。
そういう意味で、研修を受けるに当たっては、受講者それぞれが自身の期待されている役割や能力を正しく認識し、研修カリキュラムがその中のどれに紐づいているかを明確に理解しておく必要があります。
ただ、これはなかなか容易なことではありません。
そもそも社員が「自分に必要だ」と考えている能力と、企業側が期待しているものが乖離しているケースも考えらます。
ですから日ごろより、組織とそれを構成する人材が正しいゴールを共有し、フィードバックを繰り返しながら成長していくことが必要なのです。

最近は大きな企業においても、各部門の希望者を参加させるというよりは、「課単位」といった業務を同じくする者同士で共に受講するタイプの研修が重要視されています。
そちらの方が、より現場に即した落とし込みを行うことができますし、普段から一緒に働くメンバーが共通のスキルを教示されることにより、大きな成果を上げることが期待できるからです。
もちろん、連帯感の醸成に役立つという側面もあります。
それでは、あなたの会社で働く社員が受けるべき「最適な研修」とはどのようなものなのでしょうか。
内部だけでこの解を導き出すというのも、やはり難しいことですよね。
ですから私は、自らが組織の内部に入り、「組織診断」を行った上で研修内容をご提案するという方法を重視しています。
組織の持てる強みや課題を定量的に整理し、現状を把握した上で、いわば「オーダーメイド式」の研修カリキュラムをご提案するというわけです。
繰り返しますが、せっかく研修の機会を持ってもその内容が的外れなものであれば、効果は期待できません。
貴重な時間とコストを無駄にしてしまうだけです。
弊社では、様々な経験を有した専門家による「コンサルティング的側面」も備えた研修を行い、あなたの企業の成長を効果的にサポートしてまいります。

skyblue

当たり前のことが当たり前にできる組織が強い!
先日、婚活中の知り合いがこのように言っていました。
「みんな、パートナーは普通の人で良いってよく言うのだけど、世間の言う普通って、かなりの割合で『理想』になっているんだよね」、と。
「普通」という言葉の定義自体にさまざまな見方があるのでしょうが、話を聞くと、多くの人が考える「普通の条件を備えた人」、「大きな欠点がない人」というのが、実際のところはかなり少なく、結局は「理想的な人」として大きな人気を集めているという意味合いのようでした。
逆に考えると、「普通でいること」こそが、実はとても難しいことだとも言えるでしょう。

これは、企業にとっても同じことです。
日本人は、「実績」や「最大手」といった部分を非常に重視しますから、すでにブランドを確立している大企業は良いのですが、数ある小さな企業が顧客の信用を得るためには、様々な努力が必要になってきます。
しかし、奇をてらったような大それた取組を行わずとも、現実として長く生き残るのは、「当たり前のことを当たり前にできる」組織なのです。
所属する企業や職種によらず、全ての社会人にとっての最低限のマナーには、一体どのようなものがあるでしょうか。
相手に不快感を与えない服装をしている・適切な敬語を使うことができるといった接遇的なものもあるでしょうし、約束の時間には遅れない・納期は厳守する・不正行為を許さないといった事項も、当然のことのように思われます。
しかし、あなたの組織の全員が、これらを遵守できているでしょうか。
もっと言えば、あなた自身が胸を張って、全てを体現できていると宣言できますか?

このように考えると、様々な研修やマニュアルの完備などにより、日々の業務と実直に向き合える環境を整え、誠実な態度で働いていくことが、結果的には企業の力を底上げし、理想的な組織に成長するための近道だと理解できます。
ただし前述のとおり、「当たり前のことを行う」ことが実はとても難しいのですが、これを守れていないときに、顧客の心は一気に離れてしまうことも忘れてはなりません。
「こんなこともできないのか!」と一度失われた信用は、なかなか取り戻すことができないのです。
一方で、「普通のこと」を愚直とも思えるほど確実に行っていれば、顧客は安心してあなたの企業に仕事を任せてくれるでしょう。
さらに、期待値以上のものを提供できるようになれば、それは相手に「感動」すら与え、「一流のパートナー」として認知してもらえるはずです。

日々の業務に追われているのはどの組織も同じですが、いったん立ち止まってその「在り方」を顧みることが、組織力を何倍にも伸ばしてくれるのです。

PageTop